<< ユーロ1カ月ぶり106円台 欧州不安再燃 | main | ラチェット&クランク オールフォーワン』 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.09 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    新藤兼人監督が死去 「原爆の子」「裸の島」

    0
      原爆の子」「裸の島」など社会性あふれる作品を数多く生み、日本最年長の現役映画監督だった新藤兼人(しんどう・かねと、本名・兼登)さんが、29日午前9時24分、老衰のため東京都内の自宅で死去した. 100歳だった. 通夜は6月2日午後6時、葬儀は3日午前11時30分から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿で. 喪主は次男で映画プロデューサーの次郎さん. 広島県出身. 1934年、京都の新興キネマに入り、興亜映画を経て44年に松竹に入社した直後に召集される. 復員後に脚本を手掛けて評判になり、50年、吉村公三郎監督らと独立プロ「近代映画協会」を設立. 翌年「愛妻物語」で監督デビューした. 52年に「原爆の子」で社会派として注目される. 広島で被爆した子どもたちの作文をもとに、保母と子どもたち、その家族がたどる悲惨な生活を描いた. 「原爆」は終生追ったテーマの一つで、原爆で全滅した移動劇団の最期を追った「さくら隊散る」(88年)なども監督している.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.09 Wednesday
        • -
        • 22:47
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM